忍者ブログ
香港からブツブツ
[138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [130] [131] [129] [128]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

急な予定が入ったり出張があったりで1月以来久々に香港フィルを聴きに行きました。予定の指揮者は尾高忠明さんだったのですが、急病のために替わって1980年フィンランド生まれのピエタリ・インキネンって指揮者が振りました。尾高さんとは数年前香港フィルを振られた際、香港の日本人向け週刊新聞のインタビュー記事を僕が書いたので、その関係で昨年12月大阪フィルを振った際に「春には香港でまた再会しましょうね」ってお話をしていたのに、残念・・・。代役のインキネン、演奏前に香港フィルのサイトで確認したところ、ヴァイオリニストとして数々のコンクールに入賞、また指揮者としても活躍し北欧の有名オケを指揮しているそうです。今晩のプログラムはフィンランディア、ブラームスのダブルコンチェルトとショスタコヴィッチのSym.5。ダブルコンチェルトはソロイストがいまいち(香港フィルのトップ)だったのですが、フィンランディアとショスタコは非常にすばらしかったです。旋律やテンポの陰影に富んでいて、くすんだ響きの作りは20代の演奏とはとても思えませんでした。とりわけショスタコの5番は3楽章以降は緊張感がみなぎり、固唾をのんで演奏に聴き入りました。最初は二足の草鞋(わらじ)みたいな音楽家か、と思っていましたがどこかでブレイクする可能性を秘めています。注目ください。なお日本にはヴァイオリニストとして来日をしているようです。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
(04/01)
(04/02)
(12/03)
(04/08)
無題(返信済)
(04/07)
プロフィール
HN:
ばってん
HP:
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年12月より香港在住
バーコード
ブログ内検索
忍者アド
忍者アド