忍者ブログ
香港からブツブツ
[164] [163] [162] [145] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

数日前の香港での出来事、不審な車が住宅を見張っているようだ、と香港の警察に住民が通報してきました。警察が現場に急行し不審車に近づいたところ、背後から別の車が不審車に近づいてきました。不審車には4人の男性、そして背後から出てきた車には3名の男性。警察に連行したところ、なんと彼ら計7名は全て中国の公安(警察)。警察の取り調べには「特別任務」で香港で捜査をしていた、と証言したそうです。日本の方の多くが中国に香港が返還されたので、この話どこがおかしいの?と思われるかもしれませんが、香港は中国の一部とはなったものの、高度な自治、具体的には軍事力以外のあらゆる干渉を中国から受けないということに香港基本法(憲法のようなもの)に謳われています。つまり今回のケースはよその国の警察が自分の国で図々しくも捜査をしているわけです。香港には宗教・結社・言論・出版など日本では当たり前と思われていることがすべて同じように自由に認められています。一方中国では宗教弾圧、結社の制限、言論・出版の統制が厳しく計られています。考えても見てください、国情が全く違うたとえば北朝鮮の警察が堂々と日本で捜査をしているようなものですよ。香港警察は今回の件に対して猛反発(抗議)をしていますが、香港政府はそれほど毅然とした態度を中国にしていません。今までもそうですが、香港政府は中国政府にに対して実に弱腰です。というのもいろんな事で香港は中国に助けられているからです。たとえば香港への中国人旅行者の緩和だとか、税法上の優遇政策とか。そういった甘い汁を匂わせながら、じわりじわりと中国は香港を食い物にしてきました、とても残念で怖いです。香港が香港である所以を中国は理解していません。あと10日後の7/1に香港は返還7年を迎えますが、今回の事件、香港の将来を揺るがすような大変な問題です。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
(04/01)
(04/02)
(12/03)
(04/08)
無題(返信済)
(04/07)
プロフィール
HN:
ばってん
HP:
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年12月より香港在住
バーコード
ブログ内検索
忍者アド
忍者アド