忍者ブログ
香港からブツブツ
[287] [286] [284] [283] [282] [249] [281] [280] [274] [269] [279]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツで初めて真っ向からヒトラーについて描いた作品Der Untergang(英題はDownfall、邦題ではヒトラー 最期の12日)を見てきました。ヒトラーの私設秘書トラドゥルが遺した記録を元に、ヒトラー最期の12日間を捉えた作品で、日本公開は今夏ということで随分先になるようですが、欧米ではすでに上映され、大きな反響を呼んでいます。

ナチとの戦争で大きな被害を被った方の立場、ヒトラーに人生と歴史を翻弄されてしまったドイツ人としての立場、直接ナチとの接点がない人の立場、そのそれぞれで感じ方は大きく異なるので、この映画を見て感想を述べたりするのはとても難しいですね、まずそう思いました。

女性を気遣い、苛立ちを覚えたり夢破れて落ち込んだりする様子、とても普通の人間としてヒトラーを表現していました。ヒトラーを狂気のモンスターや偏狂者として捉えることは実に簡単ですが、それでは人間の持つ愚かさを消すことになるので、むしろ人間ヒトラーを見せつけられることの方が、怖さを感じます。人間的なヒトラーを描くことで、ヒトラーを美化してしまう、という意見もあるようですが、それは大きな間違いだと思います。

ぼくとしては、非常に印象深い、そして説得力のある作品だと思います。作品は努めて客観的にヒトラーを捉えようとしていますが、何しろ題材が題材だけに、どんな切り口で表現しても、批判の対象となるのは残念ながら免れないと思いますが、それでも大きな価値のある作品だと思います。戦況が厳しくなった頃のヒトラーがどんなとこにいて、どんな料理を誰と一緒にどんな所で食べたのか、そんなことを知るだけでも、大きくヒトラー像を変えてしまうことでしょう。映画は全て私設秘書が見たことを映像化しているので、それほど脚色されている訳ではないはず。

ヒトラーを演じたブルーノ・ガンツ、実写映画を見るようなほど、物凄い迫真の演技でした。話によるとガンツ自身はヒトラーの事に対して理解をして演技をしたわけではない、といったそうですが、その上でこのような役を演じることが出来るというのは、さすがな、と思いました。

というわけで劇場公開がされたら、必ず映画館でご覧ください。詳しくコメントはしていませんが、ベルリン陥落の戦闘シーンはとても強烈です。映画館でないとその凄さは伝わってこないと思います。


拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(04/01)
(04/02)
(12/03)
(04/08)
無題(返信済)
(04/07)
プロフィール
HN:
ばってん
HP:
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年12月より香港在住
バーコード
ブログ内検索
忍者アド
忍者アド