忍者ブログ
香港からブツブツ
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずはこのニュースを


SIMカードやSIMロックについてはこの動画で詳しく説明されているので省略しますけど、世界中の携帯電話で、おそらく日本のだけがこのSIMロックを行っている。世界中どこでも電話機とSIMカードは別々に売られていて、それが当たり前。別々だから当然電話機を作っている会社は、デザインや機能、価格などでマーケットシェアを競い合い、電話会社は通話料金や、エリアサービスなどで、しのぎを削り合っている。香港でいえば、電話会社を変更しても希望があれば電話番号は以前の電話番号が使えるし、変更する際の手数料など一切かからない。よほどのヘビーユーザーじゃなければ、電話代は月に3,000円もあれば十分。SIMロックなんてされていないから、SIMカードがいくつかあれば、カードを変えるだけで、異なる電話番号を持つ事が出来る。ボクの場合、中国や東南アジアへの短期出張があるんだけど、そんな時は現地のコンビニでプリペイドSIMカードを買って使っている。そうすれば電話代はとても安くあがる。

一方日本の携帯電話、まず世界標準ともいえるSIMカードを使うタイプの電話が殆どない。そして今回のようにSIMロックがかかっているので、海外で使えても、異常とも言える高額のローミング代をユーザーは払う事となる。そして国内、とにかく高すぎる。月3,000円で電話代がすむ人、殆どいないんじゃないかな?そして複雑極まる契約内容!そして極め付きは国民全てを犯罪者扱いして、身分証明書なしでは購入できないプリペ携帯。実はぼく、日本で身分証明するもの(免許証とか)がないので、まともには買う事ができず、仕方なく友人名義で購入した。プリペ携帯所有者の内、何人がプリペ携帯で犯罪を犯すの?じゃ包丁で殺人があったら、これから包丁を買うのに、身分証明書提示するの?

ところで動画にボーダフォンは月に4億円の被害が出ている、ってありましたが、どうして通話もしていない電話、そして電話機を盗んだわけでもないのに4億円の被害が出るかわかります?それはボーダフォンに限らず、まず携帯電話メーカーから仕入れた携帯電話本体の価格に対して、今後通話料が見込める金額とに差があるからです。電話会社と契約した後に解除、それ自体は全く違法性がないのですが、電話会社はその時点で電話料金収入がなくなります。勿論一定期間以下しか契約継続をしていないと違約金を支払う、というような条件を付けている会社もありますが、それでは活発な機種変更をしないため、二の足を踏んでいる会社も多いようで。そもそも何の根拠も無く、携帯電話契約をしたら当分は利用すると思い込んでいるメーカー、そしてその契約の仕方に甘さがあります。

また電話会社は契約代理店に対し、1契約につき4万円程度のインセンティブを支払っているのですが、早期契約解除された場合、インセンティブ代を超えた電話代収入の回収を見込んでいたのに、電話代収入がないことで損をするということ。これも事業体系として完璧な甘さですよ。

とにかく法外な電話料金を取り立てるために、一見異常に安い電話機を売りつけ、電話機代を電話代でカバーするというような詐欺まがいでホントに独禁法違反みたいな携帯電話会社。マーケット確保でユーザー無視の世界中で唯一行っているSIMロック、それを解除したことに文句言うのはおかしいよ。

だからいつまでたっても全世界マーケットにおける日系メーカーの携帯電話シェア率が伸びないんだ。世界に敗れた日本の携帯電話メーカー

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
(04/01)
(04/02)
(12/03)
(04/08)
無題(返信済)
(04/07)
プロフィール
HN:
ばってん
HP:
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年12月より香港在住
バーコード
ブログ内検索
忍者アド
忍者アド