忍者ブログ
香港からブツブツ
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日05/26、アルバンベルグ弦楽四重奏団(ABQ)のコンサートに行きました。
彼らの演奏は20年以上前からLPやCDで聴いていたけど、
ナマで聴くのは実は今回が初めて。
別に避けていたわけではないんだけど、随分昔に聞いた友人の一言の影響で、
今迄コンサートには行っていませんでした。
友人のコメント、「ABQの演奏をナマで聞いたら、他のSQを聞けなくなるよ」

ABQを初めて聞いたのはベートーヴェンの弦楽四重奏曲第16番(Op.135)。
きっかけはマーラーのSym.3の終楽章に凄く似た作品が
ベートーヴェンにある、って知り合いから聞いたことから。
聴いてみると、確かにこの16番の3楽章Lento assai, cantante e tranquilloの
出だしはほんとにマーラーのSym.3そっくり。
マーラーの頭の中にはこのベートーヴェンのフレーズが残っていてて、
Sym.3を作曲している時、ふとこの旋律をうかべたのかもしれません。

さてコンサートプログラムですけど、こんな感じ。
ハイドン:弦楽四重奏曲Op.20-4
ウォルフガング・リーム:Grave(トーマス・カクシュカの思い出)
べートーヴェン:弦楽四重奏曲13番(大フーガ付!)

タイトルに書いた「最初で最期のABQ」ってのは、近々ABQが解散をするから。
ヴィオラ奏者のカクシュカが2005年に亡くなってから、
彼の弟子、イザベル・カリシウスが正式なメンバーとして迎えられましたが、
カクシュカが存命中に決まっていたABQのコンサートスケジュールを終えると、
解散をするそうなのです。
05/31にソウルで行われるコンサートには、はっきりとサヨナラコンサートと。


ですからぼくにとって今晩のABQのコンサートは最初で最期。
大フーガを終えて、ぼくにとって最初で最期のABQのナマ演奏は終わると
思っていたら、とんでもないことが。
アンコールでベートーヴェンの16番の3楽章を演奏してくれたのです!
そう、最初にぼくがABQを知ったあの曲を。本当にたまりませんでした。
心からの感謝を込めて、スタディングオベーションでABQに拍手をしました。

ABQのCDといえばなんと言ってもEMIと録音したベートーヴェンの
弦楽四重奏曲全集でしょうね。



拍手

PR

コメント
無題
コメント有り難うございました&旅日記を拝見しました。リールは05/15の方を聴きました。ガラガラだったので、メンバーも指揮者もかえって自由に演奏していたようで、凄く楽しい演奏会でした。

これからも宜しくお願いします。
【2007/05/28 12:38】 NAME[ばってん] WEBLINK[] EDIT[]
無題
初めまして。香港フィルの検索から来ました。
私も昨晩のABQの演奏に感銘を受け、TBさせていただきました。宜しくお願いします。
【2007/05/28 01:10】 NAME[tonagain] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(04/01)
(04/02)
(12/03)
(04/08)
無題(返信済)
(04/07)
プロフィール
HN:
ばってん
HP:
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年12月より香港在住
バーコード
ブログ内検索
忍者アド
忍者アド